内閣府認証NPO法人 RUMアライアンス

われわれの活動

地域環境・社会活動

【地域環境・社会活動一覧】

美幌町と今年も3400本の植林協定を結びました
【石上車輌株式会社】

2009年8月29日(土)美幌町町民会館で「平成21年 石上車輌(株)自動車リサイクルの森協定式」が行われ、石上車輌株式会社から石上剛社長、菅原取締役部長の他、一般ユーザー様の廃車を担当する部署から選ばれた6名の社員を含む総勢8名が出席をしました。
石上車輌では一般ユーザー様から入庫した廃車1台につき1本のカラ松を植樹する「石上車輌(株)自動車リサイクルの森」の造成を昨年から行っており、今年は石上車輌株式会社の2000本とオートガラス・アジア・コーポレーション様や河村自動車工業様の申し出による寄付1400本を合わせ、3400本の植林協定を結びました。
午前9時から始まった協定式では、土谷美幌町町長と石上社長が地元報道各社の見守る中、植林協定書にそれぞれが署名をし、調印をしました。席上、石上社長は「昨年11月の協定式には鉄が大暴落し、社内の対応で陣頭指揮をとっていて参加できなかった。正直に言えば、このよう状況で本当に植林をスタートしていいのか真剣に悩みました。しかし、思いを曲げなかったおかげで、さっぽろ環境賞をはじめいろいろなところから評価を頂き、本日の協定式に出席することができ本当に良かったと思っています。これからもこの活動を長く続けていけるような会社であるよう社員と共に努力してまいります。」と挨拶しました。これに対し土谷町長からも「自動車リサイクルを通じての社会貢献に感謝したい。力強いパートナーを得て取り組みができる。町民とともにつくってきた森。さらに十分な管理をしていきたい。」とのお話を頂きました。
協定式後は、「石上車輌 自動車リサイクルの森」へ移動し、植林を全員で体験しました。植林が最も適している時期は11月なので、協定した本数を植林することはできませんでしたが、美幌町の職員の方の指導のもと、汗だくになりながら約50本の植林をしました。また、昨年植えたカラ松の成長を確認し、木への愛着、森が育っていることの喜びを実感しました。
この植林事業を長く続けることができるよう、今後も社員一同力を合わせ業務に励みます。

NPO法人 RUMアライアンス  〒105-0012 東京都港区芝大門2-4-5-308
                          Tel 03-6809-1171(Fax共用) E-mail: secretariat@rum-alliance.com