内閣府認証NPO法人 RUMアライアンス
われわれの活動
第2回国際リサイクル会議・金沢 '08 for THE CAR
第2回 国際リサイクル会議・金沢 '08 for THE CAR
第1部 9:30 ●開会の挨拶 近藤典彦氏 内閣府認証NPO法人RUMアライアンス代表理事
  :35 ●来賓の挨拶 森 喜朗氏 衆議院議員・元内閣総理大臣
  :40 ●   〃 内山俊一氏 経済産業省製造産業局次長
  :45 ●   〃 杉本勇寿氏 石川県副知事
  :50 ●   〃 山出 保氏 金沢市長
  :55 ●   〃 大嶋清治氏 国連工業開発機関・東京投資・技術移転促進事務所代表
  10:00 ●国際自動車リサイクル構想
  :30 ●CDMプラン説明
  :50 ●IREC(国際リサイクル教育センター)説明
  11:10 ●第1部のまとめ
  :15 ●第1部 終了
第2部 12:35 ●パネルディスカッション
      テーマ 「発展途上国における自動車リサイクルビジネスの未来」
 デモレーター 木内 孝氏(NPO法人フューチャー500理事長)
 パネリスト(予定) 熊田正隆氏(本田技研工業(株)リサイクル推進室主任研究員)
        (自動車再資源化協力機構代表理事)
  近藤典彦氏(NPO法人RUMアライアンス代表理事)
  鶫 謙一氏(NPO法人RUMアライアンス顧問、IRECセンター長)
  南アフリカ共和国特命全権大使 ポール・シポ・ングバネ氏
  ケニア共和国特命全権大使 デニス・ノエル・オドゥヤ・アウォリ氏
  モンゴル国大使館一等書記官 エル・デネタワー氏
  タイ王国大使館公使参事官 ジュラポン・タヴェスリ博士
  14:35 ●閉会の挨拶/終了
出演者プロフィール
木内 孝 ●NPO法人フューチャー500理事長、イースクエア会長
1935年ドイツ・ハンブルグ生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。三菱電機株式会社入社後、ブリティッシュ・コロンビア大学留学、経済学修士。1988年米国三菱電機会長、93年取締役、95年常務取締役、99年三菱電機顧問。92年外務大臣賞、95年日米協会国際市民賞、数々の団体の役員を務める。著書に「ニューエコノミー」、「新学問のすすめ」など。
熊田正隆 ●本田技研工業(株)リサイクル推進室技術主幹、自動車再資源化協力機構代表理事
1951年東京都生まれ。74年本田技研工業株式会社入社後、(株)本田技術研究所にて、自動車材料の研究開発に従事、87年主任研究員、94年車体材料マネージャーを経て2004年現部門に移動し、社内で2000年より準備を進めていた国内自動車リサイクル法を立ち上げる。90年前半より現在に至るまで、自動車に係わるエネルギー、環境負荷物質、リサイクルおよびLCA(ライフサイクルアセスメント)などを中心とした環境業務に携わる。
近藤典彦 ●NPO法人RUMアライアンス代表理事、会宝産業株式会社代表取締役
1947年石川県生まれ。69年有限会社近藤自動車商会を創業。92年に『会宝産業株式会社』に社名変更。廃車となった自動車や建設機械、農業機械などの収集運搬・解体事業を中心に、中古車両の販売やパーツ類のリサイクルへと業務範囲を拡大。石川県ニッチトップ企業に選定される。
海外58ヵ国と取引中。2006年、第1回国際リサイクル会議JAPAN'06 for THE CARを国連大学(東京)にて開催。
鶫 謙一 ●IRECセンター長、RUMアライアンス顧問、NPO法人フューチャー500北陸代表
石川県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。金沢大学大学院経済学研究科修士課程修了。1992年リオデジャネイロで開催された「国連環境開発会議」で、「Friend of the Earth」の一員として参加。97年地球温暖化防止石川連絡会代表。97年国連温暖化防止京都会議参加。99年~2004年金沢エコステージ研究会代表。05年「自動車リサイクルシンポジュム」(愛・地球博)企画。05年~06年マニラ市立大学にて「一般廃棄物処理システム研究会」主催。2006年「第1回国際リサイクル会議JAPAN'06 for THE CAR」コーディネーター。
NPO法人 RUMアライアンス  〒105-0012 東京都港区芝大門2-4-5-308
                          Tel 03-6809-1171(Fax共用) E-mail: secretariat@rum-alliance.com